青じゅる 成分



header



青じゅるの成分と保湿効果や特徴

青じゅるの成分には、14種類の天然草花エキスがそのまま配合されています。

その天然草花エキスとは、

・チャ葉・マグワ葉根・アロエ・サガラメエキス・オリーブ葉・ビワの葉・カツミレ
・カッコン・クロレラ・サクラ・天草・ツバキ・ユキノシタ・ヨモギ葉

というものです。

聞いたことのあるものが多いと思います。

これらの草花には、
抗酸化作用、血流促進効果、メラニン抑制効果、
保湿効果、コラーゲン産生・保護効果など、
お肌に嬉しい効果がたくさんあります。

これだけの草花エキスを「じゅるっ」と配合しているだけあって、
その保湿効果もとても高く評価されています。

化粧前に塗ると化粧ノリも良く、化粧崩れしにくくなり、
保湿力が高くなることでニキビがなくなったり、シワが薄くなったりと
アンチエイジングにも高い効果が期待されます。

また、リニューアルされてから、
フラバンジェノールという抗酸化成分やバラフという保湿成分も配合されています。

また、EGFという美容成分も配合されています。

EGFというのは、肌の新陳代謝を促進させる成分で、
コラーゲンの蓄積も促す作用があります。

EGFはやけどやけがの治療にも効果があり、
医療機関でも採用されています。
肌のターンオーバーを促進させるので、
常に新しい細胞が作り出され、肌をきれいな状態に保つことができ、
シミ・そばかすにも効果が期待されます。

青じゅるの特徴は100%無添加で、お肌にも優しく、
自然のエネルギーからお肌をぷるんぷるんにできるということです。

そして洗顔後にこれ1つで良いという手軽さも嬉しいですね。