パルフェゲル 使い方



header



パルフェゲルの使い方

パルフェゲルは、顔から全身まで使え、
パックとしても使えるので、いろいろな使い方があります。

まず、普段のお手入れです。

顔には、洗顔後かお風呂上がりに、肌の水分を軽く拭き取ってから使います。

サクランボ大のゲルを手に取り、額・鼻・頬・顎・首に分けてのせます。

そして手のひら全体を使って、顔は中心から外へ、下から上へ優しくのばします。
この時強くマッサージしないように注意です。

首は下から上にのばし、クルクルと円を描くように馴染ませます。

胸元には、鎖骨の下にゲルを分けてのせ、内側から外側に向かってのばします。
肩までしっかりのばしましょう。

手・うでには、ゲルを手首・肘・二の腕に分けてのせ、
手首から肩に向かってのばします。

肘から二の腕にかけては、円を描くように馴染ませます。

内側も同様に手先からわきの下へのばしていきます。

手には毎日、お手入れ後に伸ばします。指の間まで塗りこみましょう。

脚は、ひざ下は、数か所に分けてのせ、つま先から膝へ向かってのばします。
裏も同様に下から上へのばします。かかと・くるぶしも忘れないでくださいね。

ひざ上は、ももから付け根まで伸ばし、
裏も太ももからヒップ、ビキニラインにものばします。
黒ずみ・くすみもケアできるんです!

特に気になるところがある場合は、パックも試してみてください。

シミ・しわ・たるみ・くすみが気になるときは、
ゲルパック・ラップパック・コットンパックをするといいそうです。

ゲルパックは、
顔全体にゲルを2~3回重ね塗りし、洗い流さずそのまま置きます。

ラップパックは、
2回ほど重ね塗りし、ラップで顔を覆い(鼻は空けておいてくださいね)、
15~20分ぐらいおいておきます。
ラップは無添加のものが良いです。

コットンパックは、
目の周りが特に気になるときにオススメです。

目の周りにゲルを重ね塗りし、コットンにローションを含ませ、
温かいコットン⇔冷たいコットンと交互に3~5分ずつ2セット繰り返します。
これらのパックはしたまま寝て大丈夫です。

赤み・ニキビ・日焼けが気になる方は、
フェイスマスク・コットンパックができます。

フェイスマスクは、
あらかじめフェイスマスクを用意しておいて、
ゲルを2~3回重ね塗りし、ローションをたっぷり含ませたマスクをのせ、20~30分置きます。
外して物足りなければさらにゲルをのせてください。

コットンパックは、
気になる部分に皮膚が隠れるくらいゲルをのせ、冷たいコットンをのせます。


ニキビ・しみが特に気になるときには、週に2回ほど部分パックをしてみてください。

ゲルを気になる部分に盛るようにのせ、上からラップか部分ケアシートで覆います。


ひじ・ひざ・かかとなど角質が固くなっているところにもラップパックできます。

たっぷりとゲルをのせた上からラップで覆い、
ひじなら15~20分、ひざ・かかとなら20~30分置いてください。


どれもゲルをのせてラップで覆うだけなので簡単にできますよね!

全身乾燥知らずのプルプルお肌になれるのでぜひ試してみてください!